水のお話

人間にとって、お水は大事なのです!

今さらですが、人間にとっては大変重要です。

なぜなら人間の体内にあるの量は、体重の約60%を占めているという事実があります。

つまり、人間の体の半分以上はで出来ているということになります。

もし仮に、この体内の60%水分のうち、たった2%でもなくなってしまった場合、脱水症状を起こしてしまいます。

脱水症状まで行かなくとも、日常的に水が不足している生活を送っていると、血液がドロドロになり、体の隅々まで新鮮な血液が行き届かなくなる危険性もあります。

このように、人間が生きていくために大変重要であるということがお分かり頂けましたでしょうか?

体内に入った新鮮な水は、体内で不要となったものを尿や便として排泄してくれたり、栄養分を体内の隅々まで運んだり、暑いときには汗をかくことで体温を調整してくれたりします。

また、先程言いました血液の濃度のバランスを調整する、つまり血液サラサラの状態にしてくれるのです。


人間は眠っている間にもコップ一杯ほどの汗をかくそうです。

最近の猛暑では、それ以上の汗をかくこともあります。

猛暑が続くと睡眠中に脳梗塞にかかる人が増えることが知られていますが、原因としては、体内の分が不足しているのではないかと言われています。

「喉が渇いた時にはお茶を飲むから大丈夫。」

と言っている人もいますが、お茶では水の分子が大きくなってしまい、血液をサラサラにしてはくれません。

水分補給をするだけでは十分に水分が補給されていない場合もありますので、日常生活の中で上手なタイミングで水分補給をすることが重要です。

1日に200mlずつ、8回位飲むのが良いと言われています。

できれば1日2リットルくらいの新鮮なを飲むようにしたいものです。

ウォーターサーバー購入

衛生的で安全な飲料水のた めに

わが家に設置するウォーターサーバーの水は、本当に安全なのでしょうか?

ウォーターサーバーを導入する際、衛生面安全性を十分考える必要がありますね。

以下にまとめてみました。

ウォーターサーバー衛生面での留意点】
わが家の空気中は、目に見えないホコリ・雑菌・カビ菌・細菌・ウィルス・有害物質が浮遊しています。
これらの浮遊菌は実は、水の大敵なのです。
そんな浮遊菌にウォーターサーバーの水を絶対に触れさせてはなりません。

特に気をつけるのは、ウォーターサーバーの水タンクの設置口になるべく空気が触れないように、また使用中に水に空気が混入しないように注意しましょう。


ウォーターサーバー安全面での留意点】
ウォーターサーバーを使用する上での安全面は人的な被害のないよう、転倒での電気系統による火災の危険や電気機器の安全対策を怠らないように注意しましょう。

また、水容器に使用されているポリカーボネート樹脂は環境ホルモンの問題が懸念されています。ボトルは再利用しますので問題はないものの、飲む水に直接触れているわけですから、健康面などが心配な方は少しでも疑いのある物質を使っている場合は避けた方がよいかもしれません。

また設置した際、本体がしっかりと安定するか、メンテナンスは充実しているか、小さな子供に対してのチャイルドロック対策がされているかも確認しましょう。

ウォーターサーバーの利便面】
ウォーターサーバーの便利なところは、いつでもすぐに冷水・温水が使えるところです。
反面、空水ボトルの処分や、サーバーメンテナンスなど不便な面もあるかと思います。
メンテナンスのしっかりしたレンタルウォーターサーバー会社を選ぶと、不便な面はだいぶ解消されると思います。

ウォーターサーバーの経済面】
ウォーターサーバーを使用する際にかかる料金には、ウォーターサーバーのレンタル・購入料金、電気料金、メンテナンス費用、飲料水代及び送料等の他、段ボール等のゴミの排出費用や料金の振り込み手数料などもかかります。
あとで後悔することのないように、各社の料金やサービス等をよく比較検討しましょう。

以上の点の他にも健康面や環境面でのメリットやデメリットについてもよく検討した上で、納得してウォーターサーバーを購入・設置・使用していくのが、衛生的で安全な飲料水を飲む上で重要となります。

ウォーターサーバー無料

ウォーターサーバーって何?

ウォーターサーバーとはディスペンサーとも呼ばれますが、お湯と冷水がすぐに出てくる便利な冷温水器具で、通常はウォーターサーバー本体と天然水や浄水の入ったボトルとに分かれます。


ウォーターサーバ天然水アルカリイオン水が入った大きなボトルをセットするとウォーターサーバー内部でお水が冷やされたり温めらる仕組みで、なんとコップを押すだけで冷水と温水が出てきます。

最近口コミウォーターサーバーは、天然水や加工されたミネラルウォーター宅配してもらいセットするものですね。

主婦にとっては、あの非情に重たい2リットル入りペットボトルを持って帰らなくても、自宅にいながら天然水アルカリイオン水がいつでも飲める(しかも遠慮せず好きなだけ)というメリットがあり、大変好評です。

しかも、家族全員がいつでも飲めて、暖かいお茶を入れるのもお湯を沸かなくていいという便利さと、健康的にも良いということで、近年は「ウォーターサーバーのある家」が多くなっています。

天然水やミネラルウォーターを使用するタイプのものは、ウォーターサーバーを購入するものとレンタルとがあります。

費用は基本的にはお水代金とウォーターサーバーのレンタル料金となりますが、今は「ウォーターサーバー無料」をうたっている会社も多く存在します。

サーバーのデザインも、卓上タイプやスタンドタイプなど、お部屋に合わせて選ぶことができますので、自分のスタイルに合ったサーバーを選ぶのも楽しいですね。

<<前の3件  1 2 3 4 5  次の3件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。