水のお話

料理の味は水で決まる!

美味しい料理の決め手は、です。

昔から続いているおそば屋さんとか料理店は、美味しい天然水を使っているところが多いです。

料理や飲み物に水道水を使ってしまうと、カルキ臭や塩素などで、せっかくの美味しい味を壊してしまいかねません。

良いおを使った料理は、おダシの出方まで、違ってきます。

の良し悪しでその料理は決まるとも言えるのではないでしょうか。

特に郷土料理などはその土地に行かなければ、その美味しさが味わえないものです。

土地の水で育ったものを食材とし、そので料理される郷土料理は、また格別です。

なぜならその土地の水に含まれるミネラル成分で農産物が育っているからなのですね。

調理で使う水を選ぶときに、注目したいのは水の硬度やミネラルのバランスです。

なかでもカルシウムとマグネシウムのバランスが重要といわれています。

カルシウムは肉のたんぱく質と結合して肉汁を閉じ込め美味しさを逃がしません。
一方マグネシウムは炊飯において抗酸化作用や保水効果があるためご飯に菌の発生を抑えて、黄ばみを防ぎ、また水分の保持ができるためパサツキにくいという利点があります。

昆布やカツオの出汁を取る場合には軟水が適しています。

やわらかい軟水の効果として、グルタミン酸、イノシン酸などのうまみ成分が抽出されやすくなります。

肉料理の場合には、軟水は不向きと言われています。

昔から肉をよく食べる欧米
の水は、硬水が多いのは肉とよく合うからでしょうか?

肉を調理するときには、ミネラル豊富な硬水にすると、栄養的にも良いようです。

水のお話

ダイエットに効果のある水とは?

ダイエット中の方にぴったりのは、硬水ミネラルウォーターです。

一番のおすすめはコントレックスというお水で、ミネラル分もカルシウム・マグネシウム含有量は群を抜いています。

では、なぜダイエットにミネラルが必要なのでしょうか?

実は、ダイエット中は、どうしてもカロリーを制限してしまうため、痩せるために必要な栄養素も不足しがちです。

特にマグネシウムなどは、新陳代謝を助けるミネラルの一つですので、不足するといくらカロリーを制限しても痩せられません。

ですので、カロリーゼロのミネラルウォーター水ダイエット中に摂取することは、理にかなっているのです。

それだけではなく、水を飲むことは新陳代謝、老廃物の排出を助けます。

水を飲めば血液サラサラとなり、体内の器官が活発に活動し、ダイエットにつながるのです。

また、ダイエットの天敵である便秘にも、硬水ミネラルウォーターが効果的です。

水を飲むことによって、腸のぜん動運動を刺激し、排便を促す効果が見られます。

コントレックスなどの硬水は、マグネシウムも豊富ですので、(マグネシウムは便通を良くします。)ダイエットの強い味方となるでしょう。

また、最近話題のバナジウム含有水も、ダイエットのみならず、健康にも大変良いという研究結果が出ていますので、バナジウム水のウォーターサーバーが家にあるとダイエットの助けにもなりそうですね。

水のお話

水はいつ飲むのが効果的か?

水分補給について、を飲むのが効果的なのはまず「就寝前と寝起き」です。

人間は一晩で約コップ一杯分の汗をかきます。

かく汗の量を考えると、就寝前と寝起きに水分補給するのが効果的だと言えます。

ただし、就寝直前や寝起き直後に水分を取り過ぎると、眠れなくなったり、夜中トイレに起きてしまったりする場合もありますので、自分に合った適量の水分を補給しましょう。

「お風呂上がり」にも水分補給しましょう。

お風呂に入っている時、汗で水分が排出されるだけでなく、汗と一緒にカルシウムなどのミネラル分も排出されています。

お風呂上がりの水分補給は必須です。
排出されたミネラルを補給する意味でも、ミネラルウォーター水分補給すると理想的です。

「食事前」や「食事中」の水分補給も、食べ物の消化を助けてくれるのでおすすめです。
食べすぎも防いでくれますので、ダイエット効果も期待できます。

「運動時」には、忘れずに水分補給しましょう。15分に1回200mlの水分補給が目安です。

体温が上がっているので、冷やした水やスポーツ飲料が最適です。

運動時の水分補給は、汗と一緒にミネラル分も排出されているので、麦茶やミネラルウォーター、スポーツ飲料が良いでしょう。

忙しくなったりすると、ついつい自分の喉の渇きにも無関心になりがちですが、「喉が渇いた」時には、身体はすでに脱水状態になっているという話もあります。

定期的にこまめに水分補給する方法を考えるのが、健康への近道となります。

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。