ウォーターサーバー購入

衛生的で安全な飲料水のた めに

わが家に設置するウォーターサーバーの水は、本当に安全なのでしょうか?

ウォーターサーバーを導入する際、衛生面安全性を十分考える必要がありますね。

以下にまとめてみました。

ウォーターサーバー衛生面での留意点】
わが家の空気中は、目に見えないホコリ・雑菌・カビ菌・細菌・ウィルス・有害物質が浮遊しています。
これらの浮遊菌は実は、水の大敵なのです。
そんな浮遊菌にウォーターサーバーの水を絶対に触れさせてはなりません。

特に気をつけるのは、ウォーターサーバーの水タンクの設置口になるべく空気が触れないように、また使用中に水に空気が混入しないように注意しましょう。


ウォーターサーバー安全面での留意点】
ウォーターサーバーを使用する上での安全面は人的な被害のないよう、転倒での電気系統による火災の危険や電気機器の安全対策を怠らないように注意しましょう。

また、水容器に使用されているポリカーボネート樹脂は環境ホルモンの問題が懸念されています。ボトルは再利用しますので問題はないものの、飲む水に直接触れているわけですから、健康面などが心配な方は少しでも疑いのある物質を使っている場合は避けた方がよいかもしれません。

また設置した際、本体がしっかりと安定するか、メンテナンスは充実しているか、小さな子供に対してのチャイルドロック対策がされているかも確認しましょう。

ウォーターサーバーの利便面】
ウォーターサーバーの便利なところは、いつでもすぐに冷水・温水が使えるところです。
反面、空水ボトルの処分や、サーバーメンテナンスなど不便な面もあるかと思います。
メンテナンスのしっかりしたレンタルウォーターサーバー会社を選ぶと、不便な面はだいぶ解消されると思います。

ウォーターサーバーの経済面】
ウォーターサーバーを使用する際にかかる料金には、ウォーターサーバーのレンタル・購入料金、電気料金、メンテナンス費用、飲料水代及び送料等の他、段ボール等のゴミの排出費用や料金の振り込み手数料などもかかります。
あとで後悔することのないように、各社の料金やサービス等をよく比較検討しましょう。

以上の点の他にも健康面や環境面でのメリットやデメリットについてもよく検討した上で、納得してウォーターサーバーを購入・設置・使用していくのが、衛生的で安全な飲料水を飲む上で重要となります。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。